モノサシトンボ科

Platycnemididae Tillyard et Fraser

モノサシトンボ科

腹部に定規(物差し)の目盛りのような環状の斑があり、イトトンボよりやや大きいのが特徴。日本にはモノサシトンボ属、グンバイトンボ属、ルリモントンボ属の3属7種が生息している。ほぼ全国的に分布しているモノサシトンボ以外は、生息地が局地的である。グンバイトンボは関東以西に分布しているが、生息地は極めて希で、絶滅に瀕している。

観察種

オオモノサシトンボ

オオモノサシトンボ
Pseudocopera rubripes

モノサシトンボ

モノサシトンボ
Pseudocopera annulata

グンバイトンボ

グンバイトンボ
Platycnemis foliacea sasakii

アマゴイルリトンボ

アマゴイルリトンボ
Platycnemis echigoana

リュウキュウルリモントンボ

リュウキュウルリモントンボ
Coeliccia ryukyuensis ryukyuensis

マサキルリモントンボ

マサキルリモントンボ
Coeliccia flavicauda masakii

未観察種

  • チョウセングンバイトンボ:長崎県対馬に生息
  • アマミルリモントンボ(亜種):奄美大島・徳之島に生息
JAL 日本航空