アオイトトンボ科

Lestidae Calvert

アオイトトンボ科

越冬するオツネントンボ属と、ホソミオツネントンボ属、金緑色の光沢地が独特なアオイトトンボ属の3属が日本に生息している。エゾアオイトトンボとオガサワラアオイトトンボ以外は比較的全国に分布しているが、コバネアオイトトンボは局地性が強く絶滅に瀕している。オツネントンボ属とホソミオツネントンボ属は翅をたたんで静止するが、アオイトトンボ属は翅を広げて静止するのが特徴。両属とも生息環境が似ており、混在していたりする。越冬するオツネントンボは越冬時も同じ体色だが、ホソミオツネントンボは薄茶色の体色のまま越冬し、春になるとブルーになる。

観察種

アオイトトンボ

アオイトトンボ
Lestes sponsa

コバネアオイトトンボ

コバネアオイトトンボ
Lestes japonicus

オオアオイトトンボ

オオアオイトトンボ
Lestes temporalis

ホソミオツネントンボ

ホソミオツネントンボ
Indolestes peregrinus

オツネントンボ

オツネントンボ
Sympecma paedisca

未観察種

  • エゾアオイトトンボ:北海道に生息
  • オガサワラアオイトトンボ:小笠原諸島に生息
JAL 日本航空