生活環境で、数多く見ることができるのが、このトンボ科のトンボたちです。庭先によく止まっているアキアカネやノシメトンボ、田んぼのあぜ道や土手ではシオカラトンボが日向ぼっこをしてます。じゃぶ池公園ではさらに種類が増えて、それらの地域性のあるトンボが見られます。秋になると、都会の渋谷・新宿などの歩道の手すりにアキアカネがたくさん止まっていたり、一番なじみが深いのもよくわかる気がします。日本のトンボの中で、もっとも種類がたくさんいるのがトンボ科です。最近では飛来種も増え、69種なってます。ただし記録のみのも含まれますが。その中の約3分の1が南西諸島のみ生息してます。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 北方系:エゾアカネ・エゾカオジロトンボ・オナガアカネ

 本州系:ナニワトンボ・タイワンシオヤトンボ
 南方系:ハネナガチョウトンボ・キイロハラビロトンボ ・コフキオオメトンボ・シマアカネ・アカスジベッコウトンボ
     タイワンシオカラトンボ
 飛来系:タイリクアカネ・タイリクアキアカネ・スナアカネ・マンシュウアカネ
 

長野県 

 

JAL 日本航空