ヤンマ科

Family Aeshnidae Burmeister

ヤンマ科

トンボの中で一番人気なのがこのヤンマ科であろう。特にマルタンヤンマは複眼の色が宝石のようなコバルトブルーで一番人気である。ヤンマ科のトンボは、日中明るい開放的な水面を飛ぶギンヤンマが代表的だが、それ以外のほとんどの種が、薄くらい水域を好んだり、日中を避け、早朝や夕方に活動する種が多い。したがって、トンボにあまり興味のない人ならギンヤンマくらいしか知らないのもうなずける。特異な場所や時間帯にしか活動しないのは、大型のトンボだからかも知れない。

観 察 種

ギンヤンマ

ギンヤンマ
Anax parthenope julius

クロスジギンヤンマ

クロスジギンヤンマ
Anax nigrofasciatus nigrofasciatus

リュウキュウギンヤンマ

リュウキュウギンヤンマ
Anax panybeus

サラサヤンマ

サラサヤンマ
Sarasaeschna pryeri

アオヤンマ

アオヤンマ
Aeschnophlebia longistigma

ネアカヨシヤンマ

ネアカヨシヤンマ
Aeschnophlebia anisoptera

トビイロヤンマ

トビイロヤンマ
Anaciaeschna jaspidea

マルタンヤンマ

マルタンヤンマ
Anaciaeschna martini

ヤブヤンマ

ヤブヤンマ
Polycanthagyna melanictera

コシボソヤンマ

コシボソヤンマ
Boyeria maclachlani

ミルンヤンマ

ミルンヤンマ
Planaeschna milnei

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ
Aeshna juncea

オオルリボシヤンマ

オオルリボシヤンマ
Aeshna crenata

マダラヤンマ

マダラヤンマ
Aeshna mixta soneharai

カトリヤンマ

カトリヤンマ
Gynacantha japonica

未 観 察 種

  • イイジマルリボシヤンマ:北海道に生息
  • オオギンヤンマ:南西諸島に定着している可能性あり、太平洋沿岸部に飛来する場合もある
  • リュウキュウカトリヤンマ:奄美大島より南に生息
  • サキシマヤンマ:石垣島と西表島に生息
  • イシガキヤンマ:石垣島と西表島に生息
  • ヒメミルンヤンマ:奄美大島に生息
  • アマミヤンマ:奄美大島に生息
  • オキナワサラサヤンマ:沖縄北部に生息
ソニーストア