カワトンボ科

Calopterygidae Selys

カワトンボ科

カワトンボ科のトンボはその名の通り川に生息。比較的、きれいな川で中流域から上流域でその姿を見ることができる。全身、金属光沢に覆われている種が多いのと、カワトンボ属は翅の色が多種多様で地域性が豊。カワトンボ属は近年まで3種に分けられていたが、DNA鑑定の末、アサヒナカワトンボとニホンカワトンボの2種になった。国内では5属7種が分布。絶滅のおそれのある地域個体群(LP)に房総半島のシロバネカワトンボ(アサヒナカワトンボに帰属)がいる。しかし近年その姿を観察したという情報はなく、幻のトンボとなってしまった。カワトンボは九州南部に生息する褐色翅型や、橙色の翅が濃かったり、薄かったりと地域によって種の個体差がある。

アオハダトンボ

アオハダトンボ
Calopteryx japonica

ハグロトンボ

ハグロトンボ
Calopteryx atrata

ニホンカワトンボ

ニホンカワトンボ
Mnais costalis

アサヒナカワトンボ

アサヒナカワトンボ
Mnais pruinosa

ミヤマカワトンボ

ミヤマカワトンボ
Calopteryx cornelia

リュウキュウハグロトンボ

リュウキュウハグロトンボ
Matrona basilaris

クロイワカワトンボ

クロイワカワトンボ
Psolodesmus mandarinus kuroiwae

JAL 日本航空