【科】トンボ科

【属】ヨツボシトンボ属

【和名】ヨツボシトンボ
【学名】Libellula quadrimaculata asahinai
 
 

ずんぐりとした毛深いトンボである。主に寒冷地などの平地の挺水植物が繁茂する池沼、湿原に生息しています。関東では丘陵地の自然豊かな湿地や池等で見れますので寒冷地のイメージがあまりないです。西南日本では産地が限られ希である。成虫は4月後半から出現し7月ころまでですが遅い個体ですと9月初めころまで出現するものもあるそうです。翅の結節部に4つの黒褐色の斑があり、その四つを☆にたとえ、四つ星と名前がついたそうです。

 
 

 
 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1000 F5.6 ISO200

 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1600 F5.6 ISO200

 

5/5/2018

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/2000 F2.8 ISO250

 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  135mm 1/1000 F5.6 ISO200

 
 

 
 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/640 F5.6 ISO100

 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/640 F5.6 ISO100

 
 
 
 

ソニーストア

 
 

 
25/5/2022
 

お茶畑が青々とし、のどかな山間は心癒されるとても心地の良い空間です。今回はヨツボシのメスの写真を撮る為、丘陵地へやってきた。もちろん他のトンボも撮影するのだが、ヨツボシのメスの良い写真が撮れていなかったので優先種にしていた。今日は天気が良いのだが蒸し暑い。準備をして湿地へ向かうと、そこはハラビロとヨツボシ天国であった。しかしお互いバトルばかりしていて落ち着きがなく撮影泣かせである。枝先に止まってもすぐにハラビロにちょっかいだされ離れてしまう。しかし湿地の中でバトルしまくっているのはオスばかりである。本日の優先課題のメスはどこにいるのか。少し湿地を離れ散策すると離れた場所にヨツボシを見つけた。ひょっとしたらと思い、静かに近づく。予想的中、メスである。メスはオスが縄張りを張る場所から離れた場所でゆっくりしていた。ようやくメスの写真を撮ることができた。しかし個体数が少ない。もう少しいろいろなシチュエーションで撮りたいが残念ながら1匹しか撮影できなかった。それでも念願かなったので良しとしよう。次回は難易度の高い交尾産卵を狙いますか。

 

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  110mm 1/160 F8 ISO100

 
5/5/2018
 

トンボ科の中では、シオヤトンボと同じくらい春先に出てくるトンボですが、なかなか真剣に撮影することができなかった。トンボは全般的に近づくと警戒して逃げるのだが、このトンボは近づくとちょっと遠くの草に移動し、なかなかアップで撮れないでいた。そのため、根気がなくなると諦めて他のトンボ撮影にチェンジしてしまうからである。望遠レンズがあれば別であるが、200mmしか持っていない小生はなかなか厳しいものがあった。それでもなんとか良い写真を撮ろうと粘るが、今回撮影した写真しか撮れなかった。さて、このヨツボシですが、なぜか雌の写真が撮れていないのである。産地に行ってもなかなか雌に出会ったがことがない。従って交尾しているところも見たことがない。普通、他のトンボを狙っていても、交尾態が現れたり、雌の産卵が見れたりするのだが、ヨツボシだけはまだないのである。雄はたくさん縄張りを張っているのだが、普段どこに潜んでいるのだろうか・・・

 
 
 
8/5/2008
 

夏しか行ったことがなかった自然公園に、GWにでかけることにした。初夏の匂いがする新緑の公園はとても気持ちがよい。天気はいまいちでトンボの姿はない。花の写真を撮っていると、息子が変わったトンボがいると呼びにきた。そして見てみるとヨツボシだ!初めて観察するトンボにわくわくしてくるが、なんかおかしい。よく見ると羽化に失敗しているようだ。完全に抜け切れないまま成熟していって息絶えてしまっていた。ようやく羽ばたけるという時に、アクシデントがおきてしまったのだろう。それにしても羽化の失敗個体が多い、何かあったのかな〜。