【科】トンボ科

【属】ハラビロトンボ属

【和名】ハラビロトンボ
【学名】Lyriothemis pachygastra
 
 

腹部が異様に幅広い小型のトンボです。北海道の南部から九州・四国まで分布しております。平地や丘陵地の挺水植物が繁茂する腐植栄養型の沼や沢地や湿地に生息しており、4月中旬ころから9月末ころまで見られます。午前中晴れているとバチバチと他のオスとバトルを繰り返す、すぐに草に止まり休憩するが他のオスが近づいてくると激しくバトルをする。午後になると落ち着いていてきて止まっている個体が増えてくる。オスは顔面に蒼く光る部分がありきれいです。オスは成熟するにつれ身体が変化していきます。未熟から未成熟の時はメスと同じ黄色ですが次第に黒化していき、腹部に青白い粉をまとうようになります。

 
 

 
 

22/5/2010

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/200 F4.5 ISO200 +0.3EV

 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/800 F5.6 ISO200

 

22/5/2010

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/250 F2.8 ISO200

 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1000 F5.6 ISO200

 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/640 F5.6 ISO200

 
 

 
 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/640 F5.6 ISO200

 

6/6/2010

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/250 F5.6 ISO200 +0.3EV

 

 

 
 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/640 F5.6 ISO200

 
 

 
 

25/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1000 F5.6 ISO100

 
 
 
 

ソニーストア

 
 
 
25/5/2022
 

ハラビロトンボは群馬で初観察のあと地元でもちょくちょく見かけるようになった。しかし、ハラビロトンボの生息する環境は経済優先で宅地開発が進み、湿地が荒廃した荒地になり絶滅した。昨年ムカシヤンマの観察で訪れた湿地にハラビロトンボがたくさん生息していたが、ムカシヤンマの撮影に没頭し、ハラビロトンボはほとんど撮影せずにいた。そして今年、ムカシヤンマの撮影に再び訪れ、逆にムカシヤンマの撮影ができなかったのでハラビロトンボの撮影を試みることにした。晴天の湿地ではまさにハラビロ天国、昼近くになると無数のハラビロトンボが水辺で激しい縄張り争いと、メスの奪い合いをし、バチバチとにぎやかになる。そこにヨツボシトンボやシオヤトンボ、クロスジギンヤンマが混じるが、この小さいトンボは負けず劣らず縄張りを制するのである。そして午後になりトンボも落ち着き、のんびりと草に止まってたたずんでいるのを撮影、今日の行動は終わり、このまま陽が落ち就寝するのでしょうか。

 

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  135mm 1/1000 F5.6 ISO200

 
27/7/2003
 

初めて見たのはメスで、群馬の山ろくの池のほとりにそれはいた。そのときはなんとグロテスクな模様の腹の広いトンボだろうと思った。夏の暑い日ざしの中、下草にひっそりと止まっていた。このトンボは平地や丘陵地の湿地では、ほぼ見られるそうです。