【科】サナエトンボ科

【属】ウチワヤンマ属

【和名】ウチワヤンマ
【学名】Sinictinogomphus clavatus
 
 

何よりも、このおしりの団扇(うちわ)に似たでっぱりが特徴で、名前の由来もここからきてます。ヤンマとついておりますが、サナエトンボの仲間です。昔は大きいとんぼは、すべてヤンマがついたんでしょうね。池や沼、湖など底の深くて大きいところの棒や草丈の先など、まわりを見渡しやすいところによく止って縄張りをはります。本州・四国・九州に生息し、成虫は5月下旬から出現し9月中旬ころまで見られます。

 
 

 
 

24/7/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1000 F5.6 ISO100

 

28/7/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1000 F5.6 ISO400

 

26/7/2009

RICOH CX1 35.4mm 1/380 F5.2 ISO80

 
 

 
 

28/7/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/400 F5.6 ISO100

 

28/7/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/400 F5.6 ISO100

 

17/6/2013

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/1000 F2.8 ISO1000

 
 
 
 

ソニーストア

 
 
 
28/7/2022
 

そろそろウチワヤンマがにぎやかな頃と思い散策。池から離れた林縁の高い場所にメスがいました。フルズームでこんな感じです。下からのショットなのでただの証拠写真程度。オスを撮影しようと池のほうへ行ってみるが、ウチワヤンマの好きそうな棒などがなく、その姿はありません。午前中からかなりの温度でくたびれてきたので一旦帰宅。クールダウンをして午後遅い時間に別の場所へ。そこはウチワヤンマがかなりたくさんいて、目移りしてしまうほどだった。しかし天気が曇天に変わり晴天のいい感じの写真は撮れなかった。午前中の天気が良い時に行くべきだった。最近午後遅い時間になると、雷雲が接近してきてかなり暗くなってくる。温暖化のせいか雷が多いですね。

 
 
5/7/2017
 

大きな湖の浜辺では、向かい風でホバリングをしなくても揚力で浮いているウチワヤンマ。こういう状況は飛翔撮影のチャンス。しかし、近づくとうまく逃げられてしまう。もうちょっと波がわかるような写真を撮りたかったが、なかなかうまくいきません。いちおう波打ち際とうのがわかるショット。

 
 
26/7/2009
 

このトンボは、棒先にじっと止まっていることが多いので撮影がしやすい。止まってばかりいるので逆に飛翔を狙いたくなってしまう。たまに水辺にでるので、そこが狙い目。オスは棒先で縄張り争いをしているのですが、メスは木上で様子をうかがっているのでしょう 。