【科】カワトンボ科

【属】アオハダトンボ属

【和名】アオハダトンボ
【学名】Calopteryx japonica
 
 

オスは翅脈が青藍色に輝くカワトンボです。腹部も青い金属色をした部分が多いことから、この名前がつきました。本州から九州にかけて見られ、5月初旬から7月末ころまで見られます。平地や丘陵地の水生植物が繁茂する清流に生息しています。しかしながら、2012年、第4次レッドリストで絶滅危惧種にランクインしてしまいました。

 
 

 
 

10/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/1250 F5.6 ISO250

 

10/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/400 F5.6 ISO100

 

1/6/2016

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/640 F2.8 ISO200

 

1/6/2016

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/250 F3.2 ISO200

 
 

 
 

10/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  210mm 1/1000 F5.6 ISO250

 

23/6/2017

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/1250 F3.5 ISO200

 

10/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  250mm 1/1000 F5.6 ISO100

 
 
 
 

5/6/2005

SONY DSR-TRV30 F1.8   42mm 1/350 F4.0

 
 
 
 

ソニーストア

 
 
 
1/6/2016
 

河川中流域でのトンボ撮影。やはりこのトンボの翅、開く瞬間のきれいな青藍色の金属光沢をばっちり撮りたい。今回、低い姿勢で撮影できるようにウェダーを着用、これで川にひざまずいて撮影ができる。しかし、天気は良いのだが、風が強い、トンボ撮影の大敵は風、トンボが止まる草等は風で揺れピントが合わせられない。そんな中、意地でも撮影するため根気が試される。トンボ撮影は自分の気力との戦いでもある。

 
 
5/6/2005
 

このトンボの翅の輝きは、とてもきれいです。青藍色の光沢は、日光のあたりかたで変化する。その翅の輝く色を撮りたくて、夢中になっていると、いつのまにかお尻がびしょ濡れになってしまう。それともうひとつの魅力は、メスの水中産卵だ。交尾を終え、茎にしがみつき、じりじりと潜水していく姿は他のトンボと違っておもしろい。しかし、こちらがじっと見ているとはずかしいのか、また水面に出てきて他の場所へ移動する。