【科】イトトンボ科

【属】クロイトトンボ属

【和名】セスジイトトンボ
【学名】Cercion hieroglyphicum

 

 

このトンボはムスジイトトンボ・オオイトトンボに非常に似てます。生息場所もほぼ同じで、混生していると見分けるのに苦労します。ほぼ日本全国(南西諸島以外)に生息していますが、北海道や東北では希です。平地や丘陵地の挺水植物が繁茂する池沼や用水路などに生息してます。5月初旬ころに出現し9月末ころまで見られます。オス・メスとも胸部の黒条の中に筋がはいるのが特徴です。眼後紋はやや大きい。メスの黒条に入る筋は雄より目立ちます。オスよりメスのほうがやや大きいです。全身、若草色で、ムスジは茶色っぽいので雌に関しては見分けやすいです。

 

 

 

 

20/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  210mm 1/500 F5.6 ISO100

 

15/5/2021

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  280mm 1/320 F5.6 ISO320

 

12/5/2012

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/800 F4.0 ISO200

 

 

 

 

5/5/2022

SONY α99M2 SAL70-300mm F4.5-5.6 G SSMU  300mm 1/400 F5.6 ISO100

 

12/5/2012

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/800 F4.5 ISO200

 

 

 
 

8/6/2016

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/800 F2.8 ISO200

 

 
 
 

ソニーストア

 
 

 

1/6/2008

 

背筋イトトンボという和名だが、イトトンボは、ほとんど背に筋がある。とりわけ、背中の真ん中の両サイド横の黒い条の中に、体色の筋がはいることから、この名がついたと思われます。池や沼で見つけると、まずデジカメで撮影し、筋があるかないかで見分けます。撮影に行くと、このトンボ目的では出かけず、本命のトンボの撮影が終わった後、もしくはその前あたりでテスト撮影的に撮るか、本命が空ぶったあと、とりあえず撮っておくか、的な感じで撮影する種になってしまっている。それだけ、池や沼や河川には普通にたくさん生息している種であります。この名前にオオがついてオオセスジとなると話は別次元になります。そのオオセスジイトトンボが生息する場所では、このセスジイトトンボがよく食べられてます。

 

 
4/5/2002
 

記念すべきデジカメ撮影第1号のトンボです。近所の池で初めてであったセスジイトトンボ。オスは複眼までブルーでとてもきれいなイトトンボです。それにしてもメスは、ムスジと間違えてしまいそうなくらいそっくりです。ムスジ・セスジと名前も似てるが、生態も似ている。混成している池などでは撮った写真を拡大しないとわからない場合が多いです。トンボ全般にそうですが、晴れていると元気に飛び回るので、撮影するには曇りか気温が低い早朝がベストですね。