【科】イトトンボ科

【属】クロイトトンボ属

【和名】ムスジイトトンボ
【学名】Cercion sexlineatum

 

 

クロイトトンボ属の中で、もっとも暖地に分布しているイトトンボです。宮城県以南から南西諸島まで広く分布しています。特に沖縄の池などでは個体数が非常に多いです。平地の挺水植物が繁茂する池沼や湿地に生息しています。基本的な生態はセスジイトトンボやオオイトトンボと変わらないです。さて名前の由来ですが腹部背面に黒い条が6つに分かれて見えることからつきました。本州では4月中旬くらいから10月中旬まで見られます。成熟すると、きれいなブルーの体色に様変わりし、とてもきれいです。三日月のような形をした眼後紋が特徴で、セスジイトトンボやオオイトトンボより小さいです。胸部黒条の中に小さな筋がありますが、消失するのもいるとのこと。セスジのような、はっきりわかる筋はないので見分けられます。

 

 

 

 

24/5/2019

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/400 F2.8 ISO200

 

29/10/2008

Canon IXI DIGITAL800 IS  5.8mm 1/250 F2.8

 

23/5/2012

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/1250 F2.8 ISO200

 

 

 

 

28/8/2008

Canon IXI DIGITAL800 IS  5.8mm 1/160 F2.8

 

16/5/2010

SONY α55 SAL100M28  100mm F2.8Macro  100mm 1/250 F5.6 ISO200

 

 

 

 

5/6/2004

SONY DSR-TRV30 F1.8   12.9mm 1/350 F4.0

 

 
 
 

ソニーストア

 
 
 

29/10/2008

 

飛行機で沖縄にある慶良間諸島を見ると、いつかアサトカラスヤンマを見に行きたい、そして世界屈指の海でシュノーケリングをして魚ちゃんの写真を撮りたいといつも思う。そんな事を考えながら石垣島へ向かう。また石垣島でのビックプロジェクトで行ったのだが、11月に近いというのに夏の陽気だ!本当に日本なのかと思ってしまう。さてビックプロジェクトで来たのだが、日中現場を抜けていつもの憩いの場所へ行く。すると休耕田のそばの水路にはムスジイトトンボなどトンボがたくさんいる。たまらないね〜、石垣島。ムスジは埼玉でも見れるのだが、沖縄の海のような体色のこのイトトンボは邪見にせず撮影したくなる。それだけ体色のブルーが綺麗。地元で撮影するのとでは気合の入り方が違うのはなぜ?

 
 

5/5/2002

 

トンボ観察デビューした翌日も近所の池へ行った。昨日撮影した場所とは違う池で、セスジとはちょっと違う雰囲気のイトトンボがいた。撮影したあと拡大して調べたらムスジイトトンボだった。セスジとムスジは非常によく似ている。ムスジ以外にホソミオツネントンボもいた。種類が増えてくるとわくわくしてきます。童心に戻った気分です。

 
 
JAL 日本航空