アオサナエ以外は黄色地に黒い班があるのがほとんどです。非常に似た種が多く、見分けるのに苦労する種が結構います。春早くに出現する種が多い科です。早苗(サナエ)は、6月の季語で苗代を田に植え替えるころを意味します。その頃には、ほとんどのサナエが全盛期を迎えてます。中型から大型の種が多いのも特徴です。コオニヤンマはオニヤンマにつぐ日本では2番目に大きなトンボです。この科のトンボのほとんどが、あまり飛翔はせず止まっていることが多いのも特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本州系:フタスジサナエ・タベサナエ・オグマサナエ・ヒラサナエ・オオサカサナエ・ヒロシマサナエ

南方系:アマミサナエ・オキナワサナエ・チビサナエ・ワタナベオジロサナエ

 

 

北のほうは種類が少なく、西に行くと種類も増えてきます。生息地域が狭いせいなのか同属の亜種が多いのも特徴です。

限られた地域にしか生息しない種

メガネサナエ

オオサカサナエ

ヒロシマサナエ

南西諸島にしか生息しない種

アマミサナエ(奄美大島))

オキナワサナエ(沖縄本島)

オキナワオジロサナエ( 沖縄諸島)

ヒメホソサナエ( 石垣島・西表島)

ワタナベオジロサナエ( 西表島)

ヤエヤマサナエ( 石垣島・西表島)