日本最大のトンボ、オニヤンマがいる科で、日本全国に生息し、東北北部から北海道に生息する個体はやや小さい。沖縄県の八重山諸島では、以前、八重山個体群とされていた種が、あきらかにオニヤンマとの違いがあり、ヒロオビオニヤンマという種に独立いたしました。黒と黄色の虎柄模様で鬼の形相のようなヤンマとのことでこの名がついてます。雌の産卵は単独で行うのですが、浅い砂底が見えるような流れに、豪快に腹部を打ち付けて産卵します。その姿は見ているものを圧倒します。ミナミヤンマ属では、メスの翅が黒いカラスヤンマや、黒い帯がついているものなど地域性にあふれたオニヤンマがいます。

 

 

 

 

オニヤンマ属:ヒロオビオニヤンマ

ミナミヤンマ属:ミナミヤンマ・カラスヤンマ・アサトカラスヤンマ・オキナワミナミヤンマ・イリオモテミナミヤンマ

 

地域性

 

四国南部・種子島〜徳之島あたりまで

・ミナミヤンマ

沖縄本島(北部)にしか生息しない種

・オキナワミナミヤンマ

慶良間諸島、渡嘉敷島・阿嘉島にしか生息しない種

・アサトカラスヤンマ

八重山諸島にしか生息しないオニヤンマの個体群

・ヒロオビオニヤンマ

西表島にしか生息しない種

・イリオモテミナミヤンマ