金属色の光沢をもつエゾトンボは、強い鎧をまとっているようなイメージをいだきます。とくに大型のヤマトンボ系は威圧感さえ感じます。大きく、エゾトンボ系とヤマトンボ系に分かれ、ヤマトンボ系は金属光沢に黄班があるのが特徴です。蝦夷トンボは名前のとおり蝦夷(北海道)に由来されており、たいはんは北海道に生息しています。しかし寒い北海道とは別に、暖かい南の島にも何種類か生息して います。

 

 

 

 

 

北方系:クモマエゾトンボ・エゾコヤマトンボ・コエゾトンボ・キバネモリトンボ・モリトンボ・ホソミモリトンボ

南方系:ミナミトンボ・リュウキュウトンボ・オガサワラトンボ・サキシマヤマトンボ・オキナワコヤマトンボ

    タイワンコヤマトンボ・ヒナヤマトンボ

本州系:キイロヤマトンボ

 

 

北海道にしか生息しない種

クモマエゾトンボ

エゾコヤマトンボ

コエゾトンボ

小笠原諸島にしか生息しない種

オガサワラトンボ

南西諸島にしか生息しない種

 ※ミナミトンボは宮崎県の一部に生息しております

オキナワコヤマトンボ(南西諸島)

サキシマヤマトンボ( 石垣島・西表島)

タイワンコヤマ(西表島)

ヒナヤマトンボ( 石垣島・西表島)

ミナミトンボ(南西諸島 と宮崎県の一部)※

リュウキュウトンボ(奄美大島・沖縄本島)

 

北海道上川支庁