ホソアカトンボ

  • 【科】トンボ科
  • 【属】ホソアカトンボ属
  • 【和名】ホソアカトンボ
  • 【学名】Agrionoptera insignis insignis

胸部の黄色と金緑色の模様が、ジャングル状になっているが、成熟するにつれ胸部が灰色味を帯びてきて、ジャングル模様が見えなくなる。顔面にはハラビロやアオビタイのように蒼く輝く金属光沢がある。実は、翅に特徴があり、翅の根元にふくらみがなく、なで肩のようにゆるい丸みの形状をしている。前翅も細く、ホソアカトンボ属の特徴だそうだ。このトンボは八重山諸島の西表島にのみ生息している。林の挺水植物が繁茂するような小さな池や沼などに生息し枝先などにとまって縄張りをはる。3月ころから羽化し始め、11月中旬ころまで見られる。

オス ♂

ホソアカトンボ

2024/5/19 - SONY α99M2 SAL100M28 100mm F2.8Macro 100mm 1/50 F2.8 ISO 100 LrC

ホソアカトンボ

2024/5/19 - SONY α99M2 SAL100M28 100mm F2.8Macro 100mm 1/200 F2.8 ISO 100 LrC

ホソアカトンボ

2024/5/19 - SONY α99M2 SAL100M28 100mm F2.8Macro 100mm 1/50 F2.8 ISO 100 LrC

メス ♀

ホソアカトンボ

2024/5/19 - SONY α99M2 SAL100M28 100mm F2.8Macro 100mm 1/1600 F3.2 ISO 200 LrC

広告・PR

ソニーストア

観 察 記

2024年5月19日 ジャングル

18年ぶりの西表島上陸で、最初にホソアカトンボを撮影するため、生息地へ向かった。鬱蒼と茂る木々から雨水が滴り落ち、太陽が当たる地面から水蒸気が発生、着ている服が汗でびちょびちょになるような湿気と暑さの中、ひたすら歩く。ジャングルの中での撮影は精神力との闘いだ。ホソアカトンボの生息地に到着すると、早速オスが縄張りをはっている。急に晴れたせいか、どこからともなく数頭のオスがやってきては縄張り争いをしている。なんとも嬉しい状況だ。しかしこの場所ではオスしか見当たらず、時折リュウキュウカトリが徘徊に来るが、すぐにどこかに行ってしまうので撮影できなかった。しかし、オオハラビロがいる林道の脇でメスを発見した。オスが戯れている場所からは、かなり遠くにいたので驚いた。

観察記

2005年5月19日 好奇心

2度目の西表島上陸で、このトンボを撮影することができた。西表島へは石垣港から大原行きの船で40分かかる。移動手段は、車になってしまうが、レンタカーは公道以外走っちゃダメとのことで林道へは入れない。したがって林道手前に止め、あとは徒歩。陽が差すと、そこは南国の日差しが肌を突き刺す。蝉の鳴き声と、風でゆれるジャングルの木の音が不気味さと好奇心を駆り立てる。少し歩くと小川が流れていた。そこにはカトリヤンマの未熟が飛んでいた。追っかけるが逃げられてしまった。そんな私をじっと見ているトンボがいた。ホソアカトンボであった。

観察記