【科】トンボ科

【属】ヒメトンボ属

【和名】ベニヒメトンボ
【学名】Diplacodes bipunctatus
 

沖縄に生息する、ヒメトンボを赤くしたようなトンボです。国内では小笠原諸島にしか生息していないそうです。この写真はグアムで撮影したものです。おもに平地や背丈の低い挺水植物が繁茂する池・沼・湿地などに生息しております。小笠原諸島では2月ころから出現し11月末まで見られるそうです。雌は水域を離れた木立のある低い草丈に生息しております。

 

 

雄は成熟すると全身真っ赤になります。背の低い草丈に群れていたので気づかないと踏んづけてしまいそうです。ほんとに小さく、撮影するのが大変でした。

 
 

2004年11月14日撮影

 
 

2004年11月14日撮影

 

 

このトンボは、グアム旅行の時にたまたま誰もいかなさそうな、とある場所で偶然であったものです。景色の写真を撮っていると、足下をちょろちょろと動く赤い物体を発見。しかも小さい、最初は何のトンボかわからず、とにかく撮影しようと思ったのですが、そこは南国、すぐに雨が落ちてきた。カメラが濡れてしまう、証拠写真でもと思い何枚か撮影しました。そして雨がひどくなってきたので駐車場に止めてある車に乗ろうとしたら、脇の草丈になんと雌が群れていました。あ〜雌がいる、と思いながら、同僚にせかされ撮影できずにその場を去ることになってしまいました。今度、チャンスがあれば、もう一度雄雌ともにしっかり観察したいと思いながら、日本へと帰国しました。できれば小笠原で撮影してみたいですね。

(2004.11.14)