【科】トンボ科

【属】アオビタイトンボ属

【和名】アオビタイトンボ
【学名】Brachydiplax chalybea flavovittata
 

額に青藍色の金属光沢があることからこの名前がつきました。もともと沖縄県の大東諸島にしか分布していなかったそうですが、最近では九州や八重山諸島でも見られるようになったそうです。平地の挺水植物が繁茂する池沼や湿原に生息し、4月中旬から10月初め頃まで見られるトンボです。やや小型のトンボで、草丈の先にとまって縄張りをはります。縄張り範囲は狭く、ちょっかいをだすトンボを追い払うとすぐに同じ場所へ戻ってきます。

 

 

雄は成熟するにつれて胸の全面と腹部に白粉がふいてきます。縄張り意識が非常につよく、よくこぜりあいをしています。

 
 

2008年8月29日撮影

 

 

雌は体に白粉はふきません。黄色と黒の虎柄ですぐに雌とわかります。

 
 

2008年8月29日撮影

 

 

すばっしこいわりにはすぐに止まってくれる。そして、おきまりのおしりを持ち上げるポーズをとります。青額というだけあって正面からのドアップといきたかったのだが、振られてしまいました。南国のトンボ撮影は暑さとの戦いである。暑くて思考能力がなくなり、とりあえず撮れたらいいや的な考えになり、集中できなくなってしまう。ましてや思い通りの撮影ができないときはなおさら、このトンボはもう撮影してやんね〜、なんて勝手に自分からギブアップすることもしばしば。実はこのアオビタイもその一つで、根負けしてしまいました。まあ、望遠とかあればこんな苦労はしないのだが、近接マクロ撮影しかできない小生は気持ちとの戦いをいつも強いられてしまう、コンデジの悲しいところだね〜

(2008.8.29)