【科】サナエトンボ科

【属】アジアサナエ属

【和名】ヤエヤマサナエ
【学名】Asiagomphus yayeyamensis
 

石垣島・西表島にしか生息しない中型のサナエトンボ。山間の流水域に広く生息している。羽化した個体は、水域のそばの葉上に止まっている姿を見かけます。成虫は3月中旬から出現し7月中旬ころまで見られます。

 

 
石垣島の川辺では春早くに羽化し始めるサナエトンボです。
 
 

2009年3月5日撮影

 

 

中型のサナエですが、雌は大きく感じます。腹部第1節には矢印のような黄斑がありおもしろいです。

 
 

2006年3月30日撮影

 
 

この時期、どんなトンボがいるのか。いつものヒナヤマトンボが飛んでいた場所へ行った。ベニトンボの羽化したばかりの未熟固体が道路脇の草木に止まっている。黄金色でとても綺麗である。そして河の溜まりでは何も飛んでいない。ふと、護岸を見てみると羽化したばかりのトンボがいた。おーっ、ヤエヤマサナエの羽化ではないか。まさかの発見に嬉しさ100万倍である。

(2009.3.5)

 

家族で石垣島へ3月後半の日本一早い海開きにあわせて飛び立った。正直トンボは期待していなかった。曇り空で気温は23度くらい、雨は降っていないので竹富島で初泳ぎを楽しんだ。石垣島を堪能し沖縄本島へ旅立つ日のチェックアウト後にひとつだけ行きたいポイントがあったので家族でそこへ行くことにした。時間は10分もない。渋滞がないので予定が組める。そして目的地に到着し、散策するがトンボの姿はまったくなし。そしてあきらめかけてたころ、そのトンボは天から舞い降りてきた。それは雌であったが八重山諸島でしか見られないヤエヤマサナエを息子が撮影できたことがとてもうれしかった。その後、あわただしく石垣空港へ向かったのであった。

(2006.3.30)