【科】サナエトンボ科

【属】オジロサナエ属

【和名】オキナワオジロサナエ
【学名】Stylogomphus ryukyuanus asatoi
 

チビサナエに酷似した、沖縄県北部の山地と慶良間諸島の阿嘉島にしか生息しない特産亜種。主に山間の渓流域に生息してます。成虫は5月下旬から8月中旬頃まで見られます。大きさは、サナエトンボの中では最小の部類に入ります。

 

 

本州に生息するオジロサナエのような胸部にY字状の黒条ではありません。縄張り意識があまりないせいか、その場所を離れると、木の上まで飛んでいってしまいます。

 
 

2007年7月16日撮影

 

 

山原(やんばる)にカラスヤンマの撮影に出かけ、黒い物体と格闘し撮影失敗に終わり、意気消沈していると小さな沢にこのトンボが飛んでいた。ハエかアブが飛んでいるのかと思うくらい小さく、よく目を凝らしてみていると、その物体はいきなり止まった。おーっ、オキナワオジロだ。予期せぬ種に出会えたときはかなりとうれしい。おとなしく止まっている今がチャンス。そして何枚か撮影し、出来栄えを確認しているとすでにいなくなっていた。あれっ?どこへ、探しても探してもその姿を発見することはできなかった。次回の撮影チャンスはいつくるのか、貴重な体験であった。

(2007.7.16)