【科】サナエトンボ科

【属】ダビドサナエ属

【和名】モイワサナエ
【学名】Davidius moiwanus moiwanus
 

ダビドサナエに酷似した細身のサナエトンボ。日本特産種で北海道ではごく普通に見られるが、長野・新潟・栃木・群馬・茨城以北の地域では普遍的に見られる。おもに丘陵地や山地の少し暗い流れに生息しています。成虫は6月中旬から出現し8月中旬ころまで見られます。北海道の札幌にある藻岩山で最初に発見されたことからこの名がつきました。

 

 
胸部の黒条に地域変異があり、通常は途中で消失しているが、北海道ではつながっているのもいるという。
 
 

2006年7月22日撮影

 

 

予期せぬ遠出のチャンスが前日まいこみ、いきなり早朝4時に出発をした。目的地には7時前に余裕でついたが霧だった。用事をすませて、そのまま帰るのももったいないので、適当にトンボがいそうな池や湿地を散策した。高山地のトンボが狙えると思い、かなりわくわくしていた。10時ころになると良い天気になり、トンボも活発に動き出している。よさげな湿地があり、近づくとカオジロがいた。いきなりの新種で夢中になって撮影した。そしてサナエもいたので撮影した。のちにこれがモイワとわかったのだが、撮影したなかにコサナエも混じっていた。こんな高地にコサナエがいるのには驚いた。今度、モイワの撮影をするときはコサナエに注意しなければ。

(2006.7.22)