【科】サナエトンボ科

【属】コサナエ属

【和名】コサナエ
【学名】Trigomphus melampus
 

コサナエ属の中では一番小さなトンボです。胸部側条の第1縫線が途中で切れており、第2縫線のみが下から上までつながってます。類似種に同属のタベサナエ・オグマサナエがいて、この3種はいわゆるヒトスジ型といわれます。東日本では普通にみられますが、西日本では産地が高地になり局地的になります。主に平地や丘陵地、山地の挺水植物が繁茂する池沼や湿地の滞水、溝川に生息してます。

 

 

上部付属器に突起がない。(下部写真)タベサナエやオグマサナエは突起あります。

 
 

2009年5月3日撮影

 

 

雌は雄に比べて腹部が太く黄色味が強い。平地に近い丘陵地では、なかなか見つけることができないでいたが、高地では雄・雌共存で群れていて簡単に観察することができた。偶然なのか、今までの探し方が悪かったのかな〜。

 
 

2010年7月11日撮影

 
 

2010年4月25日撮影

 
 

コサナエは高原の池・沼にも生息している。モイワサナエを観察に行って、よくでくわす。今までは雄しか観察できていなかったのだが、高原の沼地で簡単に観察することができた。雄と雌が数頭たわむれていて、雌は雄より黄色味が強く、腹部も太いのですぐに雌とわかる。ようやく雌が撮れてうれしく思った。

(2010.7.11)

 

春の池では最初に出現するサナエ。とても小さくてかわいいです。意外に地べたに止まっていることが多いのでふんずけてしまいそうです。春の池にはコサナエやシオヤトンボ、クロスジギンなどが出始めて、シーズン始まったばかりで、とてもうきうきしているので撮影にも気合がはいります。しかし、このサナエ、まだメスを見たことがなかった。雄はかなりの数が池を占拠しているが、メスはきっと木の上で休んでいるのでしょう。

(2009.5.3)