北海道

GWに子供と公園で遊んでいると、草むらにトンボが飛んでいた。えっ 、まだ春なのにトンボがいるの?北海道から上京してきた者にとっては流石本州、昆虫の出が早いな〜なんて思った。時期が早いだけに網など持っておらず、かぶっていた帽子で一生懸命捕まえようとするが、すばしっこくてなかなか捕まらない。結局それが何トンボかわからなかった。翌年の同じ時期に網で捕まえたらシオカラトンボとわかった 。そして、公園に行くたびにいろいろなトンボがいて、捕まえては種類がわからず、とにかく赤ければ「アカトンボ」、小さく細いのは「糸トンボ」、さすがにオニヤンマとギンヤンマはわかるが、その程度であった。子供の自由研究にトンボ観察をやろうということになり図書館へ行く。子供より親が夢中になり、できあがった自由研究はなんと賞をとってしまったのである。そして、いろんな種類のトンボがいることに気付く。その冬に、トンボのホームページを立ち上げて観察した記録を残そうと決心 、晴れて2002年の春に開設することができた。

 

 

現在、観察記をブログ「晴れ、ときときトンボ!」へ移行中です。2009年から現在まで移行終了、2002年から移行 開始!下にあるものは移行中かまだ移行できていない観察年です。

 

石垣島での思いもよらぬ初見種発見にびっくり!なかなか新しい種の観察に出られなかった年、既存種のリニューアルに着手する・・・

旭川帰省、北海道特産種は観察できず・・・仕事が忙しく、フィールドでの観察が今まで一番少なかった!

100種類の観察達成!南西諸島関連のフィールド観察が多かった年でもあり、家族で石垣島に行けたのがもっともうれしい一年でした。

 

 石垣島