【科】モノサシトンボ科

【属】モノサシトンボ属

【和名】オオモノサシトンボ
【学名】Copera tokyoensis

 

モノサシトンボをひとまわり大きくしたトンボ。モノサシトンボとは生息域が全く異なり、オオセスジイトトンボの生息域と重なっている場合が多いです。利根川の中流域から下流域にかけてと、信濃川及び宮城県に生息してます。河川そばのヨシやマコモ・ガマなどが生息する腐植栄養型の池・沼に生息し、6月ころから9月末ころまで見られます。昨今、河川敷きの開発などで、生息域が狭まれ、レッドデータ最上位ランクに指定されてます。

 

 

雄も雌も体型や体色がほとんど同じですが、雄の後ろ足には白い部分があります。

 

 

2013年6月17日撮影

 

 

未熟個体は赤っぽく、黄緑色へと変化していきます。雌も雄と同じくほとんど同色ですが、雄と違い足に白い部分がないのでわかります。

 

 

2010年7月10日撮影

 

 

意外に地味なトンボであるが日本国内では生息域が狭く絶滅に瀕しているのである。小生は、たまたま生息域圏で生活しているため、このトンボに出会うチャンスは多い。しかし、チャンスは多いのだが、地味なため、なかなか撮影しに行かないのである。最初に撮影したときは、意外にあっさり見つけることができ、これが絶滅危惧種?と疑ってしまったが、後に生息域の狭さに驚き、第2の生息場所を探すのに苦労したことを覚えています。1県に1箇所ないし2箇所程度しか生息場所がなく保護でもしないとかなり危険度は高い状態です。このトンボが毎年、無事でいてくれることを確認すべく毎年観察することを決めたのです。

(2010.7.10)