【科】モノサシトンボ科

【属】ルリモントンボ属

【和名】マサキルリモントンボ
【学名】Coeliccia flavicauda masakii

 

リュウキュウルリモントンボ・アマミルリモントンボによく似た大型の細身のイトトンボです。腹部第3〜6節の白い斑が特徴的です。背中に瑠璃色の紋が2つあります。八重山諸島の特産亜種で石垣島と西表島にのみ生息しています。薄くらい流水域の湿地等に生息し、3月下旬から出現し12月ころまで見られます。名前のマサキは八重山で昆虫の研究をされていた正木任氏に献じられたものです。

 

 

雄の胸部側部は青緑味がかった筋があり、雌より色合いが濃いです。流れのそばにある小枝や草の上に静止し縄張りをはります。

 

 

2008年10月29日撮影

 

 

2008年10月29日撮影

 

 

湿地で雄を撮影していると、雄雌の連結が現れた。そして落ち葉に産卵を始めたのである。このトンボは生きている草ではなく、落ち葉に産卵するのかと思い撮影をしました。

 

 

2008年10月29日撮影

 

 

ルリモントンボ系は南西諸島にしか生息していなく憧れのトンボの1つです。陰湿な渓流域に生息していますが、背中の瑠璃紋と尾部の黄色い紋がとてもきれいです。このトンボはなかなか撮影泣かせです。暗いところに生息しているのと、体が細長いのでどうやってファインダーにいれたらよいのか、いつもピントが合わず途中で根負けし、あきらめてしまいます。このトンボを撮影するとコンデジの限界を感じてしまいました。

(2005.6.11)