【科】アオイトトンボ科

【属】ホソミオツネントンボ属

【和名】ホソミオツネントンボ
【学名】Indolestes peregrinus

 

成熟すると、きれいな青色になる中型のイトトンボで、雌もほとんどが薄い水色になります。このトンボは名前のとおり越年(冬を越す)するとんぼで、オツネントンボよりやや細身なのでこの名前がついたのではないかと思われます。本州・四国・九州まで広く分布しているトンボですが、東北方面では希、おもに平地や低山地の挺水植物が繁茂する池・沼・湿原の滞水などに生息してます。春先、田んぼに水がはいり稲を植えたばかりの丘陵地の田んぼに、たくさん現れます。冬の間は体色が茶褐色になり枯れ枝と同じようにじっとしています。

 

 

夏に羽化した固体は、茶色の体色のまま越冬します。そして、越冬した固体は春にあざやかなブルーへと変色します。

 

 

2009年8月13日撮影

 

越冬した雄は、春暖かくなると体色がブルーになり、活発に縄張り活動をします。

2010年5月2日撮影

 

 

雌も雄と同じような地色で、池のほとりの木や植物に隠れているほうが多いです。

 

 

2010年5月2日撮影

 

越冬した固体は青く色づいてきます。

2007年5月20日撮影

 

 

トンボの観察を始めて3番目に出会ったトンボ。たまたま近所のビオトープで撮影に成功し、近所なので越冬しているその姿を撮影しようと、何度もビオトープに通いました。しかし、その姿を撮影することはできませんでした。春になっても出現せず、たまたまビオトープ造成で卵かヤゴがついてきたのだったかも知れません。いまだにその公園ではホソミオツネンの姿を見ていないので、その可能性が強いです。平地よりは丘陵地を生息地としているので平地では育たなかったのでしょうね。今まで春のホソミオツネンしか撮影したことがなかったのですが2009年夏にようやく夏に羽化した越冬前個体を撮影することができました。

(2009.8.13)