【科】エゾトンボ科

【属】エゾトンボ属

【和名】エゾトンボ
【学名】Somatochlora viridiaenea
 

本家、蝦夷トンボ。コエゾ・エゾ・オオエゾとこれまた名前が紛らわしトンボです。しかもそれら以外にも非常によく似た種がいるので、これまた大変です。しかしながら、このエゾトンボは寒冷な地の湿地などに生息しており、他の種よりは幾分棲み分けられているので区別がつきます。北海道・本州・四国・九州に分布しており、寒冷な山間に分布し、6月中旬から9月後半まで見られます。北海道や東北では比較敵山岳の湿地では普通種ですが、関東から西日本では極めて希なる存在です。

 

 

細い流れを生息域にしているハネビロエゾトンボに非常によく似ておりますが、腹部の黄斑の大きさで見分けられます。湿地の上をホバリングしながら飛んでいます。

 
 

2006年8月20日撮影

 

 

蝦夷で育った管理人は、小さいころからよくなじみがあったトンボです。近所の公園の木漏れ日の中、このトンボが飛んでいると、いちもくさんに捕まえに行ったものである。とくに丘陵地にクワガタを採りに行くと、かならずこのトンボが飛んでいた。あれから30年以上もたってからの再会。関東地方では希なこのトンボはなかなかその姿を見ることができない。よくホバリングをするトンボだが、1匹しかいないため、捕獲しての撮影となってしまった。次回は飛翔撮影にチャレンジです。

(2006.8.20)